今までの葬儀のあり方とこれからの葬儀

今までの葬儀のあり方とこれからの葬儀 病院で親しい人を亡くした後に待っているのは、慌ただしい葬儀の準備です。特に、病院から自宅に引き取る事を早めに行わないといけないため、葬儀社選びをまず始めに行う必要がでてくるでしょう。この時、すでに依頼する業者が決まっている場合はスムーズに進めていく事ができますが、葬儀に関する知識もなく、葬儀社も決まっていないとなると大変です。ある程度の知識を持っていると、葬儀社選びも葬儀のスタイルも楽に決める事ができるので、まだまだ携わる事がないと思っている時にしっかりと学んでおくことが大切です。

葬儀は昔ながらの通夜・告別式を行い火葬をするものから、家族葬や1日葬、火葬式など規模を小さくして行うものまで幅広く選択できるようになっています。特に、最近人気の家族葬や1日葬は、参列する人数などを事前に知る事ができるため、葬儀に関する費用が明確になるという点でも人気となっています。特に、故人が高齢の場合などは人数も少なく家族だけで送ってあげたいと考える人も多く、火葬式など通夜や告別式などは行わず、故人とのお別れをした後すぐに火葬に移る葬儀のスタイルも増えています。
これから葬儀を考えている人も、地域や親戚同士のつながりなど何かと気にかけないといけない事も多くありますが、自分たちに決定権がある場合は、遺された家族がしっかりと故人とお別れができる最善の方法を選んで行う事が一番大切な事と言えるでしょう。

特に、大きな葬儀を行う事が故人の冥福を祈っているというわけではありません。故人に哀悼の意を伝えてお別れをするのが葬儀の目的と考えても、遺された家族がどのように送ってあげたいか、また本人の意志としてどのような形を望んでいたかなどを明確にしておくと、いざという時に揉めずに段取りを組んでいく事ができるでしょう。特に気をつけたいのが、高齢の方や地域的に大きい規模で葬儀を行う事が当たり前となっている場合です。故人へのあいさつがしたいと思っている方が多いと考えられる場合は、全てが完了してからしっかりと亡くなった事のご報告と、小規模で身内だけで葬儀を行った事を伝えて、丁寧に対応していく事が重要です。

今は葬儀についての考え方も多様化してきたと言っても、全ての事が変わったわけではなく、故人を偲ぶ気持ちは昔から変わらない事と言えるでしょう。葬儀に参列できなかった事にショックをうけている人がいる場合は、その故人を思う気持ちを受け止めてしっかりとフォローしていく事が大切です。

最新ニュース