葬儀に参列する時の心がまえ

時代とともに葬儀のあり方が変化をしてきています。特に昔のようにたくさんの方が参列して葬儀を行う事も少なくなり、故人が高齢の場合などは、家族葬や近親者のみで行う葬儀も多くなっています。葬儀に参列する機会が増えてくると、葬儀場でのマナーや香典などにも慣れてきて戸惑う事もなくなってきますが、今までと違った形の家族葬やオリジナルの葬儀の場合、お香典を辞退している事もあるため、案内状をしっかりと確認をしてから参列する事が大切です。

また葬儀に参列する場合、小規模であっても大きな規模であっても、同様に服装や持ち物には気を配る事が大切です。故人や遺族に哀悼の意を表す為にも、葬儀のマナーはしっかりと心得て参加するようにしましょう。最近は家族葬などアットホームなものも増えていますが、参列するときの服装などは通常通り喪服の事がほとんどです。何かあったときに急いで準備するのではなく、何もない時に準備をしておくといざという時に焦らずに済むので、余裕がある時に準備しておくようにしましょう。

葬儀に参列するときに大切なのは、何かわからない事があれば事前に親戚や近い人に確認をしておく事です。特に親戚同士の付き合いがある場合、お香典の金額などが地域などによって決まっている事もあります。わからない事は自分で判断せずに、しっかりと相談してから決める事が大切です。親しい人や親族、家族との別れはとても悲しいものです。そのお別れがきちんとできるように、マナーや慣習を心得ておくことが重要です。